あかね空 (文春文庫)

評価・詳細レビュー

(5.0点)
読みごたえのある時代小説。傑作。
ある豆腐やのお話。京都の柔らかい豆腐が、果たして江戸で通用するのか。一人江戸に出て勝負を挑む若き京の豆腐職人・・・。だが、粛清が進む江戸の中で一つの店を切り盛りしていく前に立ちはだかる多くの壁が家族の関係を揺るがす。若いときは明るく気さくな奥さん、おふみさんが、たて続けに起こる両親の不幸によって心身的に変わっていく姿。身につまされる場面も多い。長男への寵愛具合は、母親とはそういうものという同情とやりすぎだろうという非難の感情が自分の中でぐつぐつと渦巻く。
家族みんな様々な立場あれ、一体となった時のパワーは何よりも強いものとなる、そんなことが印象に残る物語だった。

参考になった人:0人   参考になった
ウィッシュリストへ追加
非公開
タグ

メモ


ライブラリへ追加
非公開
評価
 
読書ステータス
つぶやく
タグ

メモ


タグを入れることで、書籍管理ページで、タグ毎に書籍を表示することが出来るようになります。
また、スペース区切りで入力することで1つの書籍に複数のタグをつけることもできます。

※注意: このタグはあなたの管理用だけでなく、書籍自体のタグとしても登録されます。あなた以外の人に見られても問題ないタグをつけてください。
ウィッシュリストからライブラリへ移動
評価
 
読書ステータス
つぶやく