フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

つぶやき

おもしろかったコレ
Facebookが出来るまでを書いた本。facebookという青い本とほぼ同じ。
マーク、そして彼の周りのいろんな「人」がサービス・企業を作っているんだなあ、と実感。

評価・詳細レビュー

(5.0点)

参考になった人:0人   参考になった
(5.0点)

参考になった人:0人   参考になった
(5.0点)

参考になった人:0人   参考になった

引用

ザッカーバーグもまた、同僚の主要グループと共にこう信じていた。自分が誰であるかを隠すこと無く、どの友達に対しても一貫性をもって行動すれば、健全な社会づくりに貢献できる。もっとオープンで透明な世界では、人々が社会的規範を尊重し、責任ある行動をするようになる。
お気に入りにいれた人:0人   お気に入りに追加する

れわれはシステムがあまり前に出過ぎて人々の交流を邪魔しないように気をつけた。むしろ無個性的なほうがいいと考えた。われわれは人々がお互いに交流する場を提供したかった。ユーザーが(大幅なカスタマイズを許すマイスペースのように)フェイスブックのシステム自体とあまり深く関わることは好ましくないと思った
お気に入りにいれた人:0人   お気に入りに追加する

難しいのは機能を追加することじゃない。どんな機能を付けないか、なんだ
お気に入りにいれた人:0人   お気に入りに追加する

ウィッシュリストへ追加
非公開
タグ

メモ


ライブラリへ追加
非公開
評価
 
読書ステータス
つぶやく
タグ

メモ


タグを入れることで、書籍管理ページで、タグ毎に書籍を表示することが出来るようになります。
また、スペース区切りで入力することで1つの書籍に複数のタグをつけることもできます。

※注意: このタグはあなたの管理用だけでなく、書籍自体のタグとしても登録されます。あなた以外の人に見られても問題ないタグをつけてください。
ウィッシュリストからライブラリへ移動
評価
 
読書ステータス
つぶやく